ねっろ27 ドゥオーモ(失礼しました!なんちて)



シチリアにおけるノルマン芸術の最高峰とたたえられる(ガイドブック受け売り)ドゥオーモは、12世紀後半にグリエルモ2世によって建てられました。
e0079641_931221.jpg


聖母マリアに捧げられた大聖堂なのです。入り口左にこのマリア像が。
e0079641_932444.jpg
右側には対になって、ミニチュアのドゥオーモを手に捧げている、グリエルモ2世の木彫りの像があります。
混んでいて人の頭越しで、写真は上手く撮れませんでした。







ごらんのとおり、真っ暗です。
e0079641_9373394.jpg


「内部を覆うモザイク装飾の稀有な美しさで有名だ」ったって、これじゃ見えないじゃないのよっ。
途中で灯りがつきました。誰かが献金したらしい。そ~いうシステムなわけ?ずいぶんですねえ。
e0079641_9401953.jpg
きれいなんですよ。金地の大きなモザイク装飾、「全能のキリスト」ただ、堂の中が縦に3分割されていて横からしか撮れない。
トルコのアヤ・ソフィアもそうでしたが、どの方向から見てもキリストにみつめられていると感じるように作られています。どこから見ても、目があっちゃう!

ほんと足元も真っ暗なのですが、フラッシュたいて写真を撮ると…
e0079641_9474129.jpg
一瞬モザイクタイルの模様が浮かび上がります。
e0079641_948032.jpg
写真にしてから、ああ、こういう柄だったのね、とわかる感じ。
もったいないじゃない~。いくら宗教的空間といってももっと明るくすればいいのに。現実には観光資源としてしっかりかせいでいるんだから。


暗い中から外へ出ました。まばゆい日差し。
e0079641_9514648.jpg
コンカ・ドーロ。黄金の平野が目の前にパノラマとなって広がっています。
この日は天気がよく、写真ではよくわかりませんが水平線にエオリア諸島の島がいくつか、かすかに見えていました。



このあと、隣接したベネディクト派修道院に行きます。中庭を巡る回廊はスペインのアルハンブラを思わせます。
[PR]
by pleiad-subaru3 | 2005-09-22 09:55 | イタ・観光
<< ねっろ28 静けさの回廊(キオ... ねっろ26 Chez Jean... >>